オモシロキコトモナキ世ヲオモシロク-ケロッグ1年留学日記

外資系コンサル、日系金融機関、インドでの国際機関を経て、2012年6月からKellogg school of management1年プログラムに留学している男のつぶやき。アメリカ時々インド。2013年6月には卒業したいと思っている。

KISAN First③尊敬するリーダーに出会えるということ

全然関係ないところから書き出していますが、Kelloggの同期たちと一緒に学校生活や受験についてBlogを書いています。色んな角度から学園生活が見られて面白いと思います。今回は同期の中でも一番のしっかりものHSが「チームワークとリーダーシップ」について…

Follow your path

また更新が遅れました。この間某キャリアフォーラムにいったら何人かの方からブログを読んでいますとありがたい言葉をいただいたこともありきちんと書こうと思う。最近はどうかというとそこそこ忙しいっす。大分こっちの生活にも慣れてきたこともあり、毎日…

Special K

昨日はKelloggの中のミュージカルSpecialKを見に行きました。 いったいなんなんだという感じかもですが、シリアルではなくKelloggの独自の劇団です。演者もバックバンドも映像もそしてマーケもすべてをKelloggらしく学生主体で運営していて、今回は去年の春…

Presidential debate

そういえば先週Presidential debateが行われた。肌感覚的にも事前調査的にもObamaのほうが優勢のようだが、Kelloggでも「みんなでこのイベントを見ようぜ」というような人が多くて面白い。政治的関心という論点もあるかもしれないけれども、個人的に強く思う…

Kelloggとアントレ

最近受験生の方とやりとりをしていても思うのだが、Kelloggというとアントレ教育というイメージはたぶんあまりわきずらいのではないか?と思う 。一方でKellogg自体はこのアントレにとても力をいれていてその話を少ししてみようと思う。正直にいうとめちゃ強…

Kelloggはmarketing schoolか?

やはり学校がはじまるとどうしてもばたばたして更新できなくなります。生きてます。 最近うれしいことにキャンパスビジットしていただける人が多い。いくつか共通して質問していただく中で少し思ったことを書いてみようと思う。 基本的に会社の採用活動と一…

KISAN First②−Kelloggの教授陣

秋学期が始まりなんとはなくばたばたしています。今学期がアカデミックに加え、クラブ活動が増えてきたりリクルートが増えてきているのでみんなやることが多くて忙しそうです。おいらはやっぱり2学期目なので少し気持ちが落ち着いて気持ち的にはそんなに忙…

あめりか的「オープン」

夏休み最後は西海岸に所要がありでかけていました。まあ大半は遊んでいました笑。 その中でいくつかの西海岸の学校の連中と話して、シカゴに帰ってきてKelloggのアジアの連中で話していてみんな同じことをいっていて面白いなと思ったのが、「アメリカ的オー…

Fall class

Chicagoに無事どんぶらんこ帰ってきました。昨日は日本人会などに顔をだしたりしましたが、急に寒くなってきました。てか寒すぎる。 さて正式には秋学期の授業が来週から始まるのだけれども書いてみようと思う。結局好きなものばかりをとっていたらマーケテ…

インドでオンアライバルビザをとる方法

Kellogg全然関係ありませんが、今回初めてインド入りに「オンアライバルビザ」を利用してみました。 ほかのBlogなどを見ると「アメリカに追い返されたやら・・・」「数時間待ったやら」かなり利用したくない記事が満載だったのでいやいやだったのですが大使…

KISAN First①ーsocial start up?

さて何しにインドに来ているかというとのんびりしに来ているのだけれども、この休暇を結構使って今立ち上げをしている組織の調査にもきているわけです。KISAN Firstというチームで事業を立ち上げようとしているのを手伝っています。元はKelloggの卒業生が始…

At a glance of Class of 2014

Kelloggのサイトに今年の入学者のデータの簡単なデータがあったので共有。この手のデータにあんまり意味はないのがわかっているのだけれども共有。 昨年との比較で見るとやはり①1Yの数が増えていることにちなんで2Yの入学者数も減っていること(アナウンス…

GMAT/TOEFLスコアメイクに関して

旅行日記みたいになっているけれども、今日は少し受験生向けの記事をいくつか。最近GMAT・TOEFLのスコアメイクの方法に関しての問い合わせが異常に多い。おそらく9月に入ってきてラウンド1の締め切りが迫ってきている中でスコアメイクで苦しんでいる人が多…

2年プログラムvs1年プログラム

これも最近いくつか質問を受けるのでGeneralに現時点で感じているメリット・デメリットを書いてみようと思う。1年プログラム(以下1Y)に出願すべきか?2年プログラム(以下2Y)に出願すべきか?なおこんなパンダのブログに書いているくらいだから当然だけれど…

Niagara Trip

8月の後半にそういえば0泊3日で果敢にもナイアガラの滝にACEのみんなといってきた。以前も書いたかもしれないけれどもACEは9月に2年制のプログラムが始まる前にインターナショナルの学生を対象にしたサマープログラムのことで、日本人同期が数多く参加してい…

KWEST Uruguay② 

無事某国に潜入しました。というかまたのインドです。 さて昨日も書いたKWEST Uruguayだけれどももう少し旅を振り返ってみる。まずはウルグアイという国について。 ①観光 このKWESTというのを利用して「自分では旅行で絶対に行かないような国」に行きたかっ…

KWEST Uruguay ③

しつこいですが最後。今回サービストリップの名にふさわしく?木曜日一日をlos treboles http://www.lostreboles.com.uy/english/という教育の機会が少ない子供たちに学校外での教育を提供するという団体にお世話になり、一日子供たちと一緒に遊んだり、勉強…

KWEST Uruguay①

前回も書いたKWESTというKelloggのオリエンテーションイベントの一環で1週間ほどウルグアイに行ってきました!KWESTとはKellogg Worldwide Experiences and Service Tripsの略で、新しく入ってくる1年生を中心に世界中約30カ国ほどにそれぞれ20人ほどの仲間…

夏学期試験終了!!

からの試験終了。最終日にStrategyとAccountingという重めの試験を2発残していたのですが無事乗り切りました。Kelloggの試験は知識ではなく、どの科目もどうやって道具をつかうべきかを聞いてくる試験なので結構試験も楽しんでやっていたり。さすがに1日2科…

夏学期の授業終了

早いもんで本日をもって夏学期の授業が終了。なぜだか火曜日は3科目連続で授業をとっているのでへとへと気味なのだけれども、最後の授業はどれも熱意がこもった授業で改めてこういう教授・授業にめぐり合えてよかったなと。と同時に、グループワークを一緒に…

Chicago③:Chicago architecture boat tour

期末試験週間に突入しました。一ヶ月前だけれども、有名なシカゴ建築ツアーに行ってきた写真がでてきた。 シカゴ観光といえばこれをおいてほかないというほどだが、ただの建築やんけと思いながらもシカゴの夏は一度しかこないので参加してみた。最近では色ん…

Prof.Rogers特別授業- アントレプレナーシップについて

KelloggにEntrepreneur Financeを教えているRogersという教授がいる。Kelloggで二人しかいないらしいのだが、Professor of the yearを2回受賞し、例年のビットポイントは持ち駒の3000点中1500点近くつっこまないと受講できない人気教授だ。今年はMBA生の授業…

キャリアをDiversifyする

雨降り続きですっかり夏が終わったかのように寒くなってきました。てか寒すぎ。そして更新しなすぎ。ごめんなさい。この間ファイナンスの教授がポートフォリオ理論かなんかを説明するときに急に人生論に突入して面白かったので書いてみる。ざくっというと人…

やっぱりプロジェクトは面白い

KelloggといえばExperimental Learningという実践型の授業も有名らしいのだが(そうなのだろうか?)夏学期はコアの授業が多いためか手を動かすタイプの仕事は多い一方で大型のプロジェクトタイプの仕事はあまりおいらはかかわっていなかった。先週からマーケ…

Integrated learning

若干ご無沙汰でした。激動の中間試験週間を超えたのですが依然としてなぞに色んなことが押し寄せてきています。 いろんなことを書こうと思ったのだけれども、今日は最近ようやく感じることができはじめたことを書いてみようと思う。以前の夏学期の授業につい…

告知)8月3日Kellogg Tokyo Official Information Session

Evanstonには続々と先週、今週にかけてACEというサマープログラムに参加するために日本人同期(Class of 2014)がエバンストン入りし始めてきました。本当に多彩な同期なのでこれからも一生続く友達としてやっていけたらいいなと思います。さて今日も手抜きで…

中間試験ウィーク終わり!

前回書いたValue and Crisis Managementの試験も終わりこれで中間試験週間も終了。4日間の短期コースだけれども本当に学びの多い授業だった。正直言うとあまりなじみのないテーマが多かったり、グループワークでも自分の価値のだしどころを失敗したりしてつ…

Leadership workshop

リーダーシップワークショップなるものがあり今週行ってきた。この会は以前の同僚やボスなどから評価を360度でももらい自分自身のリーダーシップの評価と自己評価を重ね合わせたりするのがトピックだったのだが、「あーなるほど」と思ったり、「意外とこうい…

10年後のために

前回の記事で書いたBiddingの結果が返ってきて無事秋学期の授業を全部競り落としました。ひとつは絶対にとりたい授業だったので結構ポイントを使ったのですが、「この人の授業を受けるために入った」といっても過言ではないくらいの勢いの人なのでしゃーない…

Kellogg care ①:Kellogg Care Marketing Co-chairに就任してみたりした

今週は中間試験です。ブログなんて書かずに勉強しろよといわれるかもですが。。。授業以外の課外活動でもリーダーシップをとる経験が豊富にあり、インターナショナルな学生にも開かれているというのがKelloggのいいところのひとつやないかなと個人的には思っ…

Value and Crisis Decision Making

KelloggにはSocial Enterprise at Kellogg、通称SEEKという領域がある。どこから3つ目のEが来ているのかはわからないが、いわゆるSocial enterpriseやSustainableビジネスなどを扱っているのがこの分野である。ただこうしたSocial enterpriseやSustainableビ…

2013年Kellogg Essay発表

瞬間風速的にすごいワークロードになっています笑。というわけで手抜き。来年の入学向けのKelloggのエッセーが発表されたようです。ぱっとしか見ていないけれども、第一問目と第四問目を中心に少し聞き方が変わった気がします。特に4問目などは逆に答えずら…

Bidding system

今日は昼間にBidding systemの説明があった。9月からの秋学期は2年生と同じ扱いなのでElectiveといわれる選択科目を履修することになる。ほかの学校はようしらんのだが、Biddingというなんともいえないシステムを登用していて1年間で3000点の持ち駒を…

Chicago②:フィールド博物館

週末はダウンタウンに行く用事もあったので、そのままダウンタウン観光に。Shedd Aquariumという水族館に行くつもりだったのだが、バンクオブアメリカの銀行口座を持っている人は入場料タダとかっていう日に行ったので恐ろしいほどの待ち時間らしく諦めてお…

Marketingなつぶやき②:The world Best Commercial in 2011-12

つぶやきなのでゆるめです。今学期consumer behaviorというクラスをとっている。Kelloggは大きく二つのアプローチをmarketingではとっていて、心理学的なアプローチから若干定性的な分析をするものと定量的アプローチの両方をバランスよく持っている。consum…

語学エリートは「グローバル人材」か?

今日はもう一本。フェイスブックやらTwitterで読んだのだが、東大が語学エリート育成のために「グローバルリーダー育成プログラム」をはじめるらしい。表示できません - Yahoo!ニュース取り組み自体はすばらしいと思う。が、語学エリートは果たして「グロー…

「アメリカ」的授業でリーダーシップをとる方法

授業がはじまって2週間が経過し、だんだんヒートアップしてきました。ヒートアップしすぎて若干こげ気味。さて以前MBAの授業について少し意見を書いたけれども、2週間たっていろいろ気づいたことがあるのでその後編。この「アメリカ」的授業でリーダーシッ…

Kellogg発の社会起業家たち

MBAプログラムの中でSocial/Sustainable businessへの関心は年々高まっていて、どの学校もこの分野に力をいれたプログラムを提供している。少し日本もアメリカもこの「ソーシャル」バブルにうかれすぎなのではないかと思っているが、おいらもその一人なので…

Chicago①:シカゴの美術館

シカゴには出やすいと書いた割には出不精なおいらはなかなかシカゴまで足を運ぶことはない笑。マーケティングの授業のグループワークの一環でシカゴの美術館まで出かけなければいけないので一日かけてえっちらおっちら。最初はシカゴ現代美術館。通称MCA。 …

Marketingなつぶやき①:マズローの欲求モデル2010

シカゴは日中40度近くまで上がり死にそうです。聞いてた話と違うぜと思いながら学校のど紫のTシャツを着てランニングしてみました。さてKelloggにきて理解を深めたい分野のひとつがマーケティングであり自分なりにいろんなことを勝手につぶやいてみようと思…

告知)在校生・卒業生によるKellogg学校説明会

今日は手抜きします。7月29日に下記概要でKelloggの学校説明会が開催されます。受験生の方などではきっとこの季節まだスコアアップなどに励まれている方も多いと思いますが、是非ご参加いただければと思います!去年は本末転倒にも勉強で忙しいのにいけねー…

Evanston

KelloggはChicagoのダウンタウンから3−40分ほどはなれたEvanstonという街にある。受験生のときは「Evanstonなんて田舎でしょ」という人がいてふーんそうかと思っていたがあまり田舎という気はしない(大都会ではないが・・)。留学においては1−2年の期間をその…

MBA授業の方法論

Kelloggは基本的に水曜日がお休みで、たまりにたまったケースを読んだり、レポートをかいたりひなたぼっこをしたりしていまう。さてBusiness strategyという授業がお気に入りなのだが、彼の授業の進め方などがすごくアメリカの学校ぽいなと思ったことがある…

CIM week③:FOMOとComfort zoneは抜け出さずに広げよう

激動の1週間が終わりました。結構週末もソーシャルなイベントも含めて盛りだくさんのケロッグ生活なので休む暇がないです。。リーダーシップあふれる連中が多いケロッグ生だがやはりどの国出身であれ疲れるらしい。というかおいらも結構疲れた笑。この1週間…

夏学期の授業はじまる。

木曜日から授業が始まり大量の宿題と読み物に追い込まれています。二日間だけれども今学期にとるクラスも決めたので、MBAブログらしく夏学期の授業を紹介してみようと思う。いろいろ悩んだが必修の科目があることもあり、だいぶバランスよく科目をとることに…

CIM week②:CIM weekで感じたケロッグらしさ

本当は金曜日までだけれども明日から授業が本格的に始まるので実質はオリエンテーションウィークであるCIM weekは今日で終わり。かなり濃厚な2日間でアカデミックからリクルートのサポートといったプレゼンテーションが続きそれと同時にキャンパス内のScave…

CIM week①:「金持ちになるためではなく、世界を君たちが変えるために」

いよいよMBAライフがはじまりました。といっても午前中は簡単な説明とパソコンの設定という比較的ゆるやかな一日で残り大半は今日から寮に入れるというかなり乱暴なオペレーションなので一生懸命荷物を運んだり。1年プログラムの人数を増やすという宣言どお…

なぜ一年プログラムか?

いよいよ明日から学校だ。Why MBA/Kelloggでも書いて気持ちを新たにしようかとも思ったけれどもだいぶ今までの記事の中で書いてみたので、今まで触れていなかったWhy One-year program?をかこうと思う。まずKelloggに1年プログラムがあるかどうかも知らない…

MBAは就職予備校か?

こないだ日本に帰ったときにめちゃ思ったのがこれ。MBAの合格が決まってから鬼のように転職や壮行会のお誘いの連絡が来る。また聞くところによると渡米前にすでに一部の投資銀行はサマーインターンのオファーをだしたりしているようだ。サマーインターン自体…

Kelloggは卒業式(Convocation)

今日は卒業式。ケロッグではConvocationと呼ぶらしい。木曜日くらいから家族連れでキャンパス周辺を歩き回ったり写真をとっていたり、どぎつい紫色のノースウェスタングッズを大人買いしているおばあちゃんなどを目にして卒業式という感じが高まっていたのや…