読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモシロキコトモナキ世ヲオモシロク-ケロッグ1年留学日記

外資系コンサル、日系金融機関、インドでの国際機関を経て、2012年6月からKellogg school of management1年プログラムに留学している男のつぶやき。アメリカ時々インド。2013年6月には卒業したいと思っている。

「アメリカ」的授業でリーダーシップをとる方法

授業がはじまって2週間が経過し、だんだんヒートアップしてきました。ヒートアップしすぎて若干こげ気味。さて以前MBAの授業について少し意見を書いたけれども、2週間たっていろいろ気づいたことがあるのでその後編。

この「アメリカ」的授業でリーダーシップをとるのは正直大変だ。みんな一斉に手をあげて意見するし、ドメ出身だと教授によっては英語のクセなどで何言っているかわからないこともあるし、議論から迷子になることもあるのできわめて大変だ。最初は少し面食らっていたが、2週間たってみると意外と冷静にクラスの状況が見えてきた。と思うと最初の会社で学んだことと一緒だなと思ったり。

①黙っている気持ち悪いやつよりは、発言するバカのほうがまし。

これはおいらが最初の会社で海外プロジェクトに入ったときに、とあるパートナーから言われた言葉。アメリカ的な世界では「沈黙」はほぼ「無関心」を意味する。さらには「あいつ何考えているのかわからず気持ち悪い」という印象を与える。「一生懸命予習したんです」とかってのは何の評価もされない。
めちゃくちゃきれるやつも当然いるが、冷静に聞くと脊髄反射で質問に答えているやつもおおい。でもすっごいいいアイデアを持っていても黙っているやつよりはバカなアイデアでも議論に貢献しようというやつのほうが、格段に価値がある。

日本よりも議論のどこにいるのかというのはあまり重視されず、むしろ議論のタネをいくつか出すのかが評価されるような気がする。おいらからするとかなりブレインストーミングに近い世界であり、「いやいやぜんぜん違うトピックはなしてるやん」と思うことも結構多い。最初は英語ができなくてわからないのかと思ったけれども、議論が飛びすぎて理解できなかったのだと思うこともままある*1。最終的な舵取りは教授がするのであまり「この話題って重要なのかな」とかって考える必要がないし、発言してしまうと意外と話がそっちにいったりする。

&大事なのは誰も発言なんてほとんど覚えちゃいない。大事なのはプレゼンスであり、「俺はここにいるぜ」とアピールすることだったりするのだ*2

②死ぬほど予習する

死ぬほど予習してもあてられないこともある。5時間かけて予習しても発言できないときもある。でも英語面でハンデがあるならば死ぬほど予習する。どんな質問がくるのか想定して死ぬほどシミュレーションする。これはおいらが最初の会社でずっとやっていたことだ。95%くらい無駄になる。それでも毎回アメリカ人のかけていると思われる時間の数倍予習する。ほとんどケースを記憶するくらいの勢いで勉強する。

そしてあるかないかのチャンスに備える。備えあればうれいなし。まあこれは日本でも一緒な気がするけれど。

③一番前に座り一番最初に話す。最悪当てられなくても話す

いくら予習をしても発言しなければかけらも意味がない。意外と大事なのがどこに座るのかだ。お勧めは一番前に座り、教授と目が会う位置に座る。死ぬほど手をあげる猛者の中におそるおそる手を上げてもまず当てられない。そうなったら思い切って早く行って一番前に座る。ここは絶対に目が合う。

そして最悪当てられなくても話し始める。自分の発言できる機会を待っていても一生そんなときは来ない。みんなが聞き始めたらそれでもう勝ちだ。日本では考えられないが思いつきのように話はじめるやつがいる。教授によってはみんながそうし始めてカオスになるので、「手をあげてから発言するんだよ」みたいな小学校みたいなことになることも多いが、得てして最初に発言して、声のでかいやつが勝つ。

慣れているはずなのにやっぱり毎回結構なストレスで帰ってくるとどっと疲れたりする。かならず1回は発言することを心がけているけれども、議論から時々おいていかれたり、反応速度が遅れたりすることが多い。発言できなかった自分に嫌気がさしたりへこむことが多い。しかも正しいと思っても「英語」のバイアスで伝わらなかったり数の暴力で負けてしまったりする。でもこういう「疲れ」や「ストレス」を味わいにここにきたんだと思ってみたり。実はちょっぴし2週間たって思い通りにリーダーシップが発揮できなくてへこんでいたり。自分への自戒と決意もこめて。

*1:そうはいってもKelloggはキレのある発言をする人も多いです。もちろん

*2:そうはいっても質は大事でだんだんこいつ発言しても意味ないな的空気になるが、、日本人的マインドでいくとテーマに沿った発言さえすればほとんどスポットの中に入ると思う