読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモシロキコトモナキ世ヲオモシロク-ケロッグ1年留学日記

外資系コンサル、日系金融機関、インドでの国際機関を経て、2012年6月からKellogg school of management1年プログラムに留学している男のつぶやき。アメリカ時々インド。2013年6月には卒業したいと思っている。

Fall class

Chicagoに無事どんぶらんこ帰ってきました。昨日は日本人会などに顔をだしたりしましたが、急に寒くなってきました。てか寒すぎる。
さて正式には秋学期の授業が来週から始まるのだけれども書いてみようと思う。結局好きなものばかりをとっていたらマーケティング・戦略よりの授業になってしまった。

①Competitive Strategy and Industrial Structure
名前がいかついが、夏学期のBusiness Strategyの続編で、ミクロのフレームワークで毎回ケースを読んでいくらしい。戦略は仕事でもやっていたしいいかなと思ったのだが、先学期の戦略の授業が面白かったので今回も受講。

②Research Methods In Marketing
マーケティングの必修授業のひとつで今回は手を動かして分析をしていくタイプの授業。いくつかの統計ソフトなどを駆使してグループワークをしていく授業。チームによるらしいが結構しんどいらしい。もう宿題がめちゃめちゃでてるがカジュアルに無視している。。

③Pricing, Promotion and Retailer Behavior
これも名前だけみるといかつくてよくわからんが、Pricingの授業。価格がどう決まるのかというのを分析的アプローチで見ていく。前回のConsumer behaviorはKelloggのマーケの中では心理学的アプローチだったがこっちはがりがりの数理的アプローチの授業。しかしKelloggの授業は名前だけみると意味不明なのが多いのう。

④Managerial Leadership
バクスターの元CEOのKramer教授のリーダーシップ授業なのだがKelloggの名物授業のひとつらしい。以前も書いたのだけれども彼にBidのもち点数の大半をつっこんでしまった。。リーダーシップを教室で学ぶというので少しどういう学びがあるのかは楽しみだけれども、ずっととりたいと思っていた授業だったので本当に楽しみ。

FinanceやAccountingの授業などもとりたいなーと思ったのだが今回は趣味の領域に走ってしまった。。まあ1年しかないのでフォーカスということで。秋学期からは夏休みから戻ってくる2年生と一緒に授業を受けるということになるらしい。新しい人たちに出会えるのは楽しみである。しかし休みボケを早くもしてるので治さねば。。