読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモシロキコトモナキ世ヲオモシロク-ケロッグ1年留学日記

外資系コンサル、日系金融機関、インドでの国際機関を経て、2012年6月からKellogg school of management1年プログラムに留学している男のつぶやき。アメリカ時々インド。2013年6月には卒業したいと思っている。

The secrets of "showrooming"

無事秋学期最後の授業が終わりました。本当にどの授業も熱意と愛情のある教授陣に恵まれてよかった。そんな週末の今日はExam weekに向けての勉強なのか。さすがのKelloggのイベントも皆無です。

無事もう一本のプロジェクトのプレゼンテーションも終わり、なんだか不思議な気持ちです。おいらたちはある有名小売企業を相手にプロジェクトをしていたのだけれども、なかなかクライアントのコミュニケーションも含めもめたりなんやらの連続で、元コンサルタントとしても骨がおれました。その分いいサーベイといい意味合いがでたのではないかなと手前味噌ですが思ったりしている。
プロジェクトの中身はいえませんが、きわめて近い内容がKellogg Center of Global marketing practiceからも発表されていたのでご紹介。毎年Black Fridayのあたりにリサーチをして発表をしているもようなのだけれども、Kellogg shopper indexという形で毎年消費者の動向を独自にリサーチしたりしているよう。

Big dataと並び、MobileなどMultiple channel shopperと呼ばれるテーマも当然今話題のひとつになっているけれどもこの中でのホットトピックのひとつはオンラインチャネルでの販売よりかはテクノロジーと店舗での販売をどう最適化するのかという風にあるような気がする。オンラインも含めてどうやって導線設計をしていくのか、そこに今の関心は集中している。

ShowroomingというのはまさにIn-storeの販売の前にオンラインを活用するということをさしていて、下記のKey Findingsからすると女性よりも高学歴、高収入の男性にこの傾向は顕著に強いなどの意味合いをこの調べではだしているみたい。
そのほかにも面白い意味合いがあるので試験のあとゆっくりもう一度みてみよーと。
よい週末を。

Shoppers are more optimistic this season. 59 percent of respondents report that their household financial situation will be better in the next year. More than a quarter said they were planning on spending more on holiday gifts for others compared to last year.
Black Friday store shoppers are more likely to be young (under 24 years of age), educated women who are married and earn between $25,000 - $100,000.
Female shoppers are more loyal to their favorite stores, but are being lured into low-touch online channels because of poor or frustrating in-store experience.
Men with higher education levels and higher incomes are more likely to seek discounts by showrooming and mobile buying than women.