読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモシロキコトモナキ世ヲオモシロク-ケロッグ1年留学日記

外資系コンサル、日系金融機関、インドでの国際機関を経て、2012年6月からKellogg school of management1年プログラムに留学している男のつぶやき。アメリカ時々インド。2013年6月には卒業したいと思っている。

MBA落ちた場合に連絡があるのか

インドからシカゴに向かっています。今年は7日から新学期のWinter Termがはじまるので一足早くシカゴに向かっています。

さて微妙だがHatena Blogに移行しました。あまり性能に違いは感じないのだが、このBlogにどういう検索でたどり着いたのかが簡単にわかるようになってそれが少し面白い。

半分の人は少し申し訳ないけれどもインドネタで飛んできているようで、特にアライバルビザ関連の情報で着ている人が多いみたい。もう半分はやっぱりKelloggやMBA関連のキーワードが多くその中でも題名で検索している人も何人かいて少し書いてみようと思う。

答えからいうとおいらの過去の経験から落ちた場合はほぼ100%連絡があると思う。おいら自体は結構答えをもらう前にR2を辞退してしまっているのでよくわからないのだが、基本的にサイトに書いてあるDeadlineという期日までに何がしの連絡がくると思う。

 

みんなに連絡が来るタイミングはサイトの期日とは一致せず1-2週間前にくる学校もあれば、かっちりと期日に連絡に連絡がくる学校もあると思う(こっちのほうが少ないかな?)GMAT CLUBや他の受験生ネットワークからどのタイミングでインタビューインビテーションや合格発表がきたのかは確認すればいいと思う。

一方でみんなに連絡がきていて自分にきていないからといってもあせる必要はないと思う。特にWaitlistなどを見ていると去年も何人かが2-3週間後にでたりして肝を冷やしたけれども、あまり気にしないほうがいいと思う。アメリカの学校は適当なところもあるのでプロセスに抜けもれもあるし、特に理由なく人数が満席だから次の回に呼ぶみたいなこともあるのだと思う。あまり確証はないが日本の学校みたいにぴしぴしとオペレーションされていないので、いい連絡にせよ、悪い連絡にせよ、自分に連絡が来るその日まで一生懸命がんばったほうがいいと思う。

おそらくR2で出願の方は正念場だと思いますが、あと少し最後の一歩を頑張ってくださいね。