読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモシロキコトモナキ世ヲオモシロク-ケロッグ1年留学日記

外資系コンサル、日系金融機関、インドでの国際機関を経て、2012年6月からKellogg school of management1年プログラムに留学している男のつぶやき。アメリカ時々インド。2013年6月には卒業したいと思っている。

Wisconsinまでスキートリップに行ってきた

Trip Kellogg life

本格的に寒くなってきました。マイナス16度とかそういう世界です。今まで「寒い寒いっていってもたいしたことねーな」と思っていましたが、骨がきしむほど寒いです。

してこの月曜日Martin Luther Kingの祝日なので1Yプログラムの仲良し連中とWisconsinまで車で旅行に。Wisconsinは前のサンクスギビングのときにもいったのだけれども、シカゴから2時間ほどでいけるちょっとおしゃれな別荘地のような場所で夏も冬も楽しめる、日本で言えば山梨のような場所だ。なんといおうかおいらの中では山梨なのだ。夏はこんな感じで湖畔がきれいで、まわりに結構いけてるレストランとかあったりする。

留学後半のささやかな目標その2は友達といる時間をもっと作るということにしようとおもっている。もちろんアカデミックも大事だけれども、それ以上に多くのことを彼らと一緒にすごしたいと思っている。受験のときにカウンセラーから、MBAで得ることのできる大きな財産のひとつはネットワークなんだと言われた。おいらは全然ぴんと来ず、最後まで自分の志望動機にそれを加えることができなかった。

 

一方で今半年を振り返って考えたときに、こんなに色んな国出身で色んな経験を積んできたやつと友達になれた半年間て今までなかったなーと思う。おいらの一番の友人は日本から遠く離れたペルー出身で、エネルギー関連でプラントマネジャーで世界を飛び回ってた彼とおいらはお互いの興味関心もまったく違うけれども留学の最初でつらいときに自分を支えてくれたのはそんな彼の存在だったりする。そんな彼をはじめとして喧嘩もし、馬鹿なことも言い合える連中と会えたのは本当に幸せだと思う。

 

今でも将来の「ネットワーク」とかって言われると正直あんましぴんと来ない。でも同じ釜の飯を食った同士っていうのがKelloggの友人関係にはぴったりな表現な気がする。

話がずれたけれども、初心者もいっぱいのみんなでスキーやらスノボを楽しんで、騒いで楽しかったなー。明日からの宿題にめちゃ追われていますがずいぶんとリフレッシュできた。