読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモシロキコトモナキ世ヲオモシロク-ケロッグ1年留学日記

外資系コンサル、日系金融機関、インドでの国際機関を経て、2012年6月からKellogg school of management1年プログラムに留学している男のつぶやき。アメリカ時々インド。2013年6月には卒業したいと思っている。

GIM Japan/Koreaから帰ってきた

Kellogg life Academics Globalization

ご無沙汰です。大分更新をさぼりました。ぶっちゃけ体調が悪くて死にそうでした涙。

 

前回書いたようにGIMという授業の関連で日本・韓国に春休みを使って2週間ほど行ってきました。まあ色々あったけれども、本当に行って良かった。

「1年しかない学生生活の中でなぜに日本に帰るのか?」と散々聞かれたけれども、最終的には行って良かった。ここの留学生活で一番の思い出かもしれない(上書きされてるだけ)

 

アカデミックな学びなども当然あるのだけれども、この2週間で本当に友達ができたっていうのに尽きる気がする。少し真剣に書くと、ほぼアメリカ人に24時間囲まれる中でリーダーシップを出し続けるという経験ができたのはよかったという気がします。正直外国人を日本に連れて行く旅行の幹事なだけなのだけれども、それでも常に四六時中彼らと一緒にいて、時間を共有して意思決定をするというのはいい経験だったと思う。学期中にもインターナショナルでないアメリカ人Nativeとチームを組むことだって多いけれども、あそこまで一日中ずっと一緒にいるというのはなかなかないなーと今となっては反省もこめて思う。さらに、最近つくづく思うけれども、勉強や仕事以外で同じ時間をどれだけ使うかがやっぱり人間関係を構築するのだと思う。Kelloggに留学した理由のひとつでもある「同じ釜の飯を食う」というのを体現していた2週間でした。

プログラムとしては改善の余地が相当あると思う。一方でリーダーというポジションで学生がこうやってプログラムの設計そのものに関わっていくのはやはりKelloggならではの経験なのではないかなと思うし、是非今後ともいいプログラムにどんどん発展していってほしいなと思う。クラスに参加する学生集めから、クラスのデザインへのインプット、旅行全体のプランニング・実行まで学生が主導でやる学校はやはりほかにはないような気がします。

まあまだ25分の最終プレゼント25ページのファイナルペーパーが残っているのでGIMの授業も終わっていないのだけれども。。。いくつか書き溜めたことも書きます。(毎回これいっている気がするけれども)