読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オモシロキコトモナキ世ヲオモシロク-ケロッグ1年留学日記

外資系コンサル、日系金融機関、インドでの国際機関を経て、2012年6月からKellogg school of management1年プログラムに留学している男のつぶやき。アメリカ時々インド。2013年6月には卒業したいと思っている。

KISAN First③尊敬するリーダーに出会えるということ

全然関係ないところから書き出していますが、Kelloggの同期たちと一緒に学校生活や受験についてBlogを書いています。色んな角度から学園生活が見られて面白いと思います。今回は同期の中でも一番のしっかりものHSが「チームワークとリーダーシップ」について熱く語っています!http://www.kelloggalumni.jp/kellogg_life/2012/10/post-67.html:Kelloggブログはこちら

Kelloggという学校は勉強でも運動でも芸術でも学校の人気者が集まっているような学校だけれども、その中でもさらにこの人はすごいなと思う人がいる。その一人が以前も紹介したけれども今も学校の傍らファンドレイズなどを中心に手伝っている組織のKISAN FirstのCEOだ。そんな彼と一緒にインド、米国含めどんどん仲間が増えていっている。頭のきれもさることながら人をモチベートすることが彼はとてもうまい。ふとしたときにさりげない贈り物をおくってくれたり、すべてのチームメンバーへのうまくモチベートしながらビジネスを形作っていっている。個人的にアジアにおける農業、食の領域に関心があるというのもそうだけれども、彼と一緒に働きたいというのもこのビジネスに携わっているひとつなのだと思う。

そんなKISAN Firstは現在インドにて様々な団体と提携を進め無事プロトタイプを作成するフェーズにはいりました。いよいよ次はしっかりと生産体制を構築したり、営業へと向かうフェーズにはいれそうです。と同時にいくつかの投資家のかたがたからもいい投資の話をいただいたり、いくつかのビジネスコンテストでもファイナリストに残ったりと大躍進をとげています。また先週はIndia Timesにとりあげてもらったりもしました。
卒業までにしっかりビジネスをより形作れるといいなー。

彼も含めKelloggの友人たちは一人ひとりが本当に思いやりがあってそれでいて行動力、志のあるリーダーが多いです。こういう尊敬できるリーダーたちに出会える環境に感謝せねば。